女の人

病魔が手招きする前に注目|鬱をチェックする手段

鬱になったらすべきこと

相談

何か起こる前に

ストレス社会といわれている昨今、鬱病を発症する人が増えています。しかし、鬱病は自覚しにくい病です。早めに治療を行なうことで、進行を防ぐことができる病気ですが、自覚がない為、治療が遅れてしまうことがあります。そのようなことにならない為にも、セルフチェックをしていくことが大切です。最近では、医療機関のホームページでも鬱病のチェックリストを掲載しています。簡単な質問に答えるだけですが、鬱病を発症しているか知ることができます。しかし、質問内容には正直に答える必要があります。虚偽の回答をしても意味がありません。また、ホームページによっては、回答した画面をそのまま印刷できるようになっています。印刷した用紙を、医療機関へ受診する際に持っていけば、スムーズなカウンセリングを受けることが可能です。カウンセリングでは、最近の悩みや落ち込むようなことがなかったかなどの質問をされることがほとんどです。しかし、話したくない内容であれば無理して答えなくてもいいでしょう。無理に答えようとすると、ストレスを感じて症状が悪化する恐れもあります。リラックスをして会話ができる医師であれば、信頼して治療を進めていくことが可能になります。そのため、チェックリストで鬱病の可能性が高いと分かり、通院を始めようと決めた場合には、評判の良い医師が在籍している病院を見つけることが必要です。そのような医師の多くは、カウンセリングが丁寧で、症状に適した治療法を勧めてくれるからです。ネット上には、各医療機関や医師の口コミ、評判が記載されているので、チェックしておくと良いでしょう。また、鬱病には、様々な種類の症状があり、患者によって異なります。その上、治療法もいくつかあり、通院していても適した治療法に出会うまで時間が掛かることもあるそうです。そのため、経験や実績がある医師の治療を受けるべきです。基本的な治療法には薬物治療、精神療法、電気けいれん方法があります。医療機関によって取り扱っている治療方法は異なるので、治療を始める前に、効果の出方やリスクなどをきちんと理解しておきましょう。また、副作用がある場合には、患者家族も把握しておいた方が良いです。なぜなら、万が一、副作用が発症した場合、早めに対応することが可能になるからです。